Top > 番号ポータビリティ制度のデメリット > 設備投資、維持・運用の費用面から見たデメリット

●利用者が少ないと、加入者全体で費用を負担することになる
事業者による設備投資、維持・運用にはそのための費用が必要になります。
利用者が多ければ事業者による負担で賄えますが、利用者が少ないと、設備投資の費用を賄うには加入者の利用料金による収益に頼らざるを得ません。