Top > 番号ポータビリティ制度のメリット > 加入者にとってのメリット

●電話番号の変更を気にせずに事業者を変更することができる
これまでは、加入者が事業者を変更したくても、「仕事で使用するので電話番号を変えたくない」というような事情で事業者の変更ができませんでしたが、番号ポータビリティ制度の導入によって、加入者は電話番号を変えることなく事業者を変更することができます。

●電話番号が変わっても、新しい電話番号を友人などに知らせたり、名刺を作り変えたりする必要がなくなる
これまでは、事業者を変更すると新しい電話番号を友人などに知らせたり、名刺を作り変えたりしなければならず、特に知らせる相手の人数が多いなどの場合は非常に手間が掛かりますが、番号ポータビリティ制度の導入によって、このような手間を省くことができます。

●事業者間の競争が促進され、番号ポータビリティ制度を利用しない加入者にとってもサービス向上が期待できる
番号ポータビリティ制度が導入され、電話番号を変えずに事業者を変更することができますが、「現在使用している事業者のサービスが良い」などの理由で番号ポータビリティ制度を利用しない加入者も当然います。
しかし、番号ポータビリティ制度は事業者間の競争を促進する効果があります。
電話番号を変えずに事業者を変更することができるということは、事業者にとっては今まで以上に競争力を高める必要があります。
当然、競争力を高めるために事業者は料金の低廉化や通信エリアの拡大、高性能な端末の導入など加入者の利便性に直接結びつくサービス面の向上をこれまで以上に積極的に進めていくでしょう。
そのため、番号ポータビリティ制度を利用しない加入者も番号ポータビリティ制度によるサービス向上の恩恵を受けることができるはずです。